みやざと内科クリニック

- 沖縄タウンネット
>> 言語選択メニューを表示
【テアトルアカデミー】タレントオーディション
【テアトルアカデミー】タレントオーディション
沖縄・全国ホテル宿泊情報
沖縄の高速道路情報
沖縄のクーポン情報・携帯版。
沖縄の旧暦行事
沖縄のチラシ
ロシア人が代表取締役の翻訳会社。
生活情報
ビジネス情報
PC用表示

キーワード検索

みやざと内科クリニック (みやざとないかくりにっく)

[医療・健康・介護 > ]
 TEL;098-875-7000   FAX;098-875-7001 
 ADD;沖縄県浦添市宮城2-17-1 
貧血改善の注射薬
腎不全となると、体のむくみ(水分貯留)・吐き気など(老廃物蓄積)と並んで問題となるのが貧血です。その貧血を改善するのが「ESA製剤(赤血球生成促進剤)」と呼ばれる注射です。

数年前は、「エポジン・エスポー」しかありませんでした。その後「ネスプ」(協和発酵キリン)という新しい注射薬剤が発売されました。今年に入りさらに新しい「ミルセラ」(中外製薬)という注射薬剤がでました。

約20数年前まで、透析患者さんの貧血に対しては「輸血」のみしかなかった時代がありました。輸血もいろいろなリスクがありましたがそれしかありませんでした。

今では透析終了時に「サッと」注射で貧血が改善できます。輸血に比べ、患者さんのリスク、透析スタッフのリスクがかなり減りました。

新薬の創造というものは大変ありがたいものです。製薬メーカーさん、患者さんと医療スタッフのためにがんばってより良いクスリの開発お願いします!!

文:大城
タクシー利用について
当院では、透析患者さんの送迎に契約したタクシーを利用しています。

■他の患者さんを待たないから、自分のペースで来れる
■大きな道路までわざわざ出ないで済んで楽である
■雨降りも自宅前まで送迎してくれるので濡れない

などなど、利用されている方からは好評です!!

利用範囲:ご自宅(または入所施設)から当クリニックへの透析通院時

利用金額:片道 ¥1,500 (往復 3,000)まで
 
利用条件:来院時タクシー会社にご自分で電話連絡できる方
(ご家族でも)
(帰宅時は当クリニックでタクシーを手配します)
 
※介護タクシーは運賃のみ負担します。
※乗降介助費用は介護保険または自己負担となります。

透析通院の交通手段でお困りの方、ご相談ください。

担当:技士長 豊川まで
現在の透析室・・・忙しくなりました
透析室の写真。午前透析終了と午後透析開始の最も忙しい時。

開院して早くも4年。少なかった透析患者さんも60名を超え、スタッフも20名を超えた。活気のあるクリニックとなった。
眺めると、患者さんと楽しそうに談笑するスタッフ、認知症の方に優しく声をかけるスタッフ。

当院の看護師・臨床工学士・看護助手は優しい人ばかりで患者さんからの受けは良いと思う。自画自賛ではあるが職員の一人としてとても嬉しいことである。

編集:大城
顔は見えないけど美人揃いです・・・
当院は、外来診療と人工透析の2つの部署がある。その一つの「透析室」での写真。

人工透析は、簡単には「大量の血液を機械でクリーニングする」治療。
やはり医療スタッフは、見えない敵「感染症」から身を守る必要がる。
そこで、当院では 保護ゴーグル・エプロン・マスク を着用することを義務付けている。
(まだまだ足りないことはあるだろうが・・・)

ゴーグルとマスク、白衣の集団は怖い・・。でも、当クリニックの看護師は美人揃い!
素顔をお見せできないのが残念でしょうがない。

見た目は素顔の見えない「白い集団」でちょっと怖いが、心優しい女性ばかり。しかも器量良し!

褒めすぎた。

編集:大城
食堂で・・・
当院の食堂で昼食をとる透析患者さんたち。

「ここのご飯はおいしいよ」とよくお褒めの言葉をいただく。
約4時間、透析治療中はベッドに拘束される患者さんたち。
透析後の昼食は楽しみだとのこと。

編集:大城

処理時間:0.12210秒