沖縄総合情報サイト・沖縄観光情報、沖縄タウン情報から沖縄生活・移住情報まで網羅

>> 言語選択メニューを表示
ベビー服・子供服「キムラタンオンラインストア」(株式会社キムラタン)
ベビー服・子供服「キムラタンオンラインストア」(株式会社キムラタン)
ロシア人が代表取締役の翻訳会社。
生活情報
ビジネス情報
PC用表示

キーワードで探す …

 社会福祉法人 童愛福祉会 わらべ保育園 (しゃかいふくしほうじん どうあいふくしかい わらべほいくえん)

[保育園・幼稚園 > ]
 TEL;098-877-8896   FAX;098-877-8894 
 ADD;沖縄県浦添市沢岻1丁目11番6号 
8月の園だより
『みんなが英雄 心をひとつに 笑顔で頑張る わらべの運動会』

 夏休みが終了した途端に、いつの間にか賑やかだったセミが姿を消し、時折優しい風が吹きぬけます。心地よい余韻を残しながら心弾んだ夏祭り、地域の中で皆と一緒につながる楽しさ、大人も子ども達も、きらきら輝いていました。やぐらの輪は「温かさの輪」そのものですね。
 さて、もうすぐ運動会です。「どんな運動会にしたい?」先生の問いかけに「えいゆうという言葉をいれたい」「心をひとつにする」「頑張る」「かっこいい運動会」運動会のテーマを決めるのは、年長の役目ということをしっかりと分かっていて、様々な言葉が溢れ出し「えいゆう」の意味を皆で学び合い『みんなが英雄 心をひとつに 笑顔で頑張る わらべの運動会』に決定!さっそく組体操の取り組みでは「協力する!一人では出来ないので力を合わせる!」先生の喝と思いきや、なんと振り付け担当?女児の発言に驚き、気合いが入っています。「大太鼓やっとできる・・」と母親に呟いた男児、エイサーの大太鼓は、年長児の特権であり誇りです。ずっと憧れの眼差しで、観客席から眺めていたのでしょう。白熱する紅白リレー勝敗のたびに子ども達の目には涙があふれます。きわどい勝敗には「スロービデオで見たら分るのに!」抗議の意見も「勝つためには、どうしたらいいのか?」チームで話し合い、再びリレーに挑みを繰り返し、そして本番を迎えます。わらべ最後の運動会、仲間との連帯感、運動遊びの集大成、胸が高まります。
 乳児ひよこ組の子ども達は、先生の胸の中から離れ、ハイハイや伝い歩き、歩けるようになった事が嬉しく、マットの山登りでは、頂上に座り込み得意げに見下ろして?手を叩いて喜んでいます。「できた!」という意思表示なのでしょう。時折振り返り「しっかり見てる?」と言葉はなくても先生に合図を送る姿に担任との深い愛着を感じます。親や先生との安心感や信頼感があって、子ども達は、初めての未知の世界に挑むことができるのだと感じています。
子ども達が、各年齢に合った運動遊びに挑む過程の中で、できた喜び、楽しさ、簡単にはできないくやしさ、友達と心がつながる感動、そして支えて(認め・励まし)もらう心地よさも、ひとり一人の子ども達のステキな自分に出会える「自己肯定感」という花咲く運動会にしていきましょう。
 夏休みが終わり夏の疲れがでてくるころです。「早寝・早起き・朝ごはん」の生活リズムを整え、睡眠時間はたっぷりとりましょう。バランスのとれた食事、特に朝食が脳を活性化し、活動のエネルギ-(やる気・集中力)を作り出すといわれています。健康な心と体で、活動に取り組んでいけるよう連携をとり進めていきましょう。
 ニュースです。沢岻公園に迷い込んだ2羽の赤ちゃんうさぎを、わらべっ子達が家族として育ててくれることになりました。(園長との話し合いの末)
うさぎのエサを本で調べたり、先生と小屋をお掃除したり、お母さんにお願いして、にんじんをもってきてくれたり、毎日うさぎちゃんの父母となって奮闘中です。そして命ある「命名」思案中の子ども達です。さて、育てるという営みがどのような心の育ちをみせるのでしょう。
                             
 

園長 當間美千代




わらべ保育園における自己評価
わらべ保育園では本園の保育・教育全般を総合的に評価し、次年度の計画に活かせるよう調査いたしました。

画像をクリックすると拡大しますので、ご覧ください。

処理時間:0.08098秒