沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


サイトマップXML自動生成ツール

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。

このサイトでは、
 ・琉球時代の王様や歴史上の人物
 ・沖縄現代の偉人
といった情報を収録。

「へえ~」「そうなんだ~」といった沖縄の歴史をつづっています。

ピックアップ

琉球の位階・地頭職と采地
官職 - 制度 -

【地頭職と采地】
■大きく分けて、王族と上級士族には地頭職と采地が与えられたが、一般士族には采地はなかった。
■地頭職は
王族・按司地頭(一間切)
親方・総地頭(一間切)
親雲上・脇地頭(一村)
といった具合だった。
汪応祖 (おうおうそ)
人物 - 南山王 -

■琉球国南山王。
■在位:1403年~1413年。
■居城は島尻大里城。
■大里王統・3代目王、汪英紫の次男。
■15世紀初めに豊見城(とみぐすく)を築いた。
■明の南京に留学した経験があり、明で見た龍舟を造って5月の始めに城下の江で競渡をしたのが爬竜(ハーリー)の始まりという説がある。
■1413年、弟の栄華を恨んだ実兄の達勃期(たふち)によって殺された。

コンテンツ一覧

■中山王
■北山王
■南山王
■正史
■武将
■王女
■道路
■国指定史跡
■学者
■諮詢会委員長
■群島政府知事
■琉球政府行政主席
■政治運動家
■歌集
琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。