沖縄観光 | 沖縄専門学校 | 沖縄タウンネット | オリジナルグッズ制作 | 沖縄印刷 | テレビCM | 沖縄ラジオCM | 翻訳通訳 | ホームページ制作 | 海外進出

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。 title=

カテゴリー

キーワード検索


尚円王 (しょうえんおう)

第二尚氏王統・初代王
[人物] [国王]
 生没年:1415-1476
■父・尚稷、母・瑞雲。
■妃・世添大美御前加那志。
■幼名を思徳金(うみとくがね)といい、以降は金丸(かなまる)と名乗る。
■1415年、伊是名島、諸見村生まれ。
■琉球王国・第二尚氏王統・初代国王。
■琉球国王(琉球国中山王)。
■居城は首里城。
■在位:1469年~1476年。
■神号は金丸按司添末続之王仁子(かなまるあじすえつぎのおうにし)。
■(1434年)20歳、両親を亡くす。
■(1438年)24歳、妻と弟を連れ国頭村に移動。
■(1441年)27歳、首里に移動。越来王子(後の尚泰久王)に見い出されその家臣となる。
■(1452年)38歳、最高位・黄冠を授かる。
■(1454年)40歳、尚泰久の即位を機に、西原間切の内間領主に任命される。
■(1459年)45歳、御物城御鎖側官(貿易長官)に就任。
■(1460年)46歳、長年寵愛を受けた尚泰久王が薨去。尚徳王即位。
■(1468年)54歳、尚徳王との関係が上手くいかないまま内間村に隠遁。
■(1469年)55歳、4月尚徳王が薨去。重臣会議による次期国王推挙を受け尚円として王位に即位した。
■即位に当たり「尚氏」を名乗った背景として、当時の琉球経済は明との朝貢貿易により成り立っており、王統の継続を装う必要があったからと考えられる。
■第二尚氏時代に編纂された「中山世譜」「球陽」を見るにあたっても、第一尚氏一党に対する殺戮は行われている事から、王統交代にあたっての粛清が行われたのは間違いないと考えられる。
■天王寺・龍福寺・崇元寺を建立。
■朝貢貿易の進貢間隔を二年一貢と制定。
■墓陵は見上森陵~首里玉陵
 writer:大蔵 登録日:2013/07/26

尚円王 に関連するその他の情報

本文中に「尚円王」を含むその他の情報が 8件ありました。
>> 玉陵
…第二尚氏王統の墓。
>> 大城賢雄
…鬼大城とよばれ波乱の人生を送った豪傑。
>> 百度踏揚
…絶世の美女と謳われた王女。
>> 護佐丸
…第一尚氏王統6代に仕えた忠節の人。
>> 尚真王
…第二尚氏王統・3代目王
>> 尚宣威王
…第二尚氏王統・2代目王
>> 尚徳王
…第一尚氏王統・7代目王、琉球統一王朝・6代目王で第一尚氏王統最後の王。
>> 尚泰久王
…第一尚氏王統・6代目王 琉球統一王朝・5代目王
「尚円王」についてGoogle検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「尚円王」「人物」「国王」で検索
「尚円王」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。
 >> Googleで「尚円王」「人物」「国王」で画像検索
「尚円王」について質問してみる。
 >> Yahoo!知恵袋 >> 教えて!goo
<<< 「国王」の前の情報へ
>>> 「国王」の次の情報へ

他の 国王 関連情報 (2件)

尚金福王

■琉球国中山王。 ■居城は首里城。 ■在位:1449年~1453年。 ■在位期間:4年。 ■神号は君志(きみし)。 ■尚巴志王の子であり、尚忠王の弟。前王・尚思達王の叔父にあたる。 ■1449年、甥である尚思達王の死去により第一尚氏王統・5代目王に即位。 ■「長虹堤(ちょうこうてい)」の建造…1451年、明からの冊封使を迎え入れるため、浮島と呼ばれる小港・那覇を貿易港として整備し、那覇市松山付近にあった伊辺嘉麻(いべがま)から崇元寺付近(那覇市泊)までの間に「長虹堤(ちょうこうてい)」と呼ばれる約1kmの堤防と橋からなる堤道を建設させ首里との道を繋いだ。 ■当時の安里川、国場川流域は点在する小島の集まりであったが長虹堤の建造により、港・那覇の人口が増加するとともに埋め立てが進んだ。特に明治以降の埋め立てにより現在の形となった。 ■尚金福王の崩御に伴い、息子の志魯と弟の布里が王位を争い「志魯・布里の乱」を引き起こした。
>> ページに移動
尚賢王

■琉球王国・第二尚氏王統・8代目国王・尚豊王の3男。 ■琉球王国・第二尚氏王統・9代目国王。 ■琉球国中山王。 ■居城は首里城。 ■在位:1641年~1647年。 ■薩摩生まれ、17歳の時に即位した。 ■「遠見番」を作り、烽火の制を定めた。 ■黒糖、ウコンの専売制を始めた。 ■墓陵は首里玉陵。
>> ページに移動

琉球・沖縄の歴史上の偉人や事柄辞典。